<< 12の春 | main | 卒業〜旅立ち >>

LED電球


最近よく目にするLED電球を、内藤歯科にも導入してみました。
圧倒的な消費電力の少なさから、超寿命、省電力に優れているらしいので、まずは内藤歯科玄関口の看板の、上部2個を白熱灯からLED電球に変えてみました。



これは、従来の白熱灯です。決して悪くはありません。


こちらがLED電球です。
照射の指向性の違いが明らかですが、看板の照明としては問題なさそうで安心しました。

また、インプラントなどのOPEの際にも、実はLED電球は使用しています。

これは、5倍の拡大鏡サージテルの照明に使用している電球です。


このようなライトをあて、視軸と光軸を一致させることにより、シャープな視野を得ることが出来、精度の高い歯科治療やインプラントのOPEが可能となります。

以前は、ハロゲン球を使用していましたが、発熱が強く、月に1回程度は、消耗してしまいました。
また熱により頭髪がダメージを受け、かなり薄くなってしまい、困っていましたが、LED電球のおかげで、発熱はかなり減りました。
しかし、減った頭髪は戻りません。
始めからLED電球があれば・・・



インプラントのことなら
東京は渋谷区初台のインプラントコンシェルジュ
http://implant-concierge.com/

デンタルコンシェルジュの歯科情報はこちら
http://implant-conci.jugem.jp/

 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック