<< あけましておめでとうございます | main | 12の春 >>

初詣、中華街にて

今年は中華街で初詣になりました。


中華街の入り口近くにあるお宮です。

中華街は久しぶりでしたが、何となく昔の頃と、少し街並みの感じが変わったように思いました。


このような感じの、食べ放題形式のお店が、増えているようでした。

一方、老舗もやはり健在でした。

こちらは香港ではお世話になったことはありますが、今回もパスさせて頂きました。

他に特に知ったお店はないので、「純」四川料理のお店に入りました。

私は中華料理は、「四川料理」か「上海料理」系がすきなので、つい入ってみました。
始めに、四川担々麺をオーダーしました。日本人向けではなく、「純」四川風の辛い方でオーダーしました。スープは赤くなく、黒い感じの濃厚なスープでした。
少し辛いように思いましたが、美味しくいただきました。

次に、「四川と言えば、これだけははずせない!」とのことで、「純、四川風麻婆豆腐」をオーダーしました。
こんな感じのディスプレーでしたが、待つことしばしで、出てきたのは、ディスプレーとは異なり、「黒い」麻婆豆腐でした。
これはとてもいやな予感がしました。
一口食べてみると、辛くありません。ぴりぴり感がありません。
な〜んだ、と思いつつ二口目を食べたとたん、首筋から冷や汗が出てきました。
これは本物だとわかり、半分程でやめておきました。

これほど辛い麻婆豆腐は、昔赤坂で食した、「コウプリ:城スペシャル、火噴きバージョン」
以来のことでした。コウプリが閉鎖された今、もう2度と出会えないと思っていた懐かしい味でした。

おそらく、シェフの「トン」さんも「純四川担々麺」が完食でしたので、思いっきりやってくれたのでしょう。堅気の方が食すと、多分胃けいれん位では、済まないでしょう。

ただこのお店は、日本人向けにもちゃんとアレンジしてくれるので、「純」ではなく、「和風」と言えば、大丈夫です。辛さ抜きでも勝負できる本物の味だと思いました。

最近の「和風、四川料理」には首をかしげることが多い今日この頃、久しぶりに骨のあるシェフ「トン」さんに出会えた、さい先の良い新年となりました。

 インプラントのことなら
東京は渋谷区初台のインプラントコンシェルジュ
http://implant-concierge.com/

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック