<< インプラント情報 | main | インプラントコンシェルジュの使命2 >>

インプラントコンシェルジュの使命

JUGEMテーマ:歯の健康
 最近いろいろな方より、「インプラントコンシェルジュ」にインプラントについてのお問い合わせをいただくことが、多くなって参りました。


しかしそのなかには、DRも患者様も「何がなんでもインプラント!」という風潮が感じられることがございます。
確かに「インプラント」は歯を失った方には、画期的な治療法ではありますが、万能ではありません。
そこの所をはき違えると、「インプラント専門医」は単なる「インプラント馬鹿」になりかねません。

例えばですね、通勤通学に例をとってご説明いたしますと、

幼稚園の子供の送迎には、徒歩あり、ママチャリあり、バスあり、電車あり、マイカーあり、実にいろいろな選択肢があり、正解は一つではございません。

これが通勤になりますと、バスあり、電車あり、マイカーありなどとなってきます。

さらに大阪出張となりますと、新幹線あり、飛行機あり、あるいは根性見せてマイカーありなどとなってきますが、徒歩やママチャリはあまり勧められません。

さらにシカゴの学会参加となりますと、飛行機以外の選択は難しくなってきます。

ここで「インプラント」は「飛行機」に似ているものと考えればよいでしょう。
飛行機は、シカゴの学会参加には、非常に便利です。大阪出張にも良いでしょう。
しかし、万能ではありません。いくら急いでいても、幼稚園の子供の送迎や出勤には、少々やりすぎでしょう。

このように、ものごとには、いにしえより「適材適所」というものがございます。
この適材適所を「インプラントコンシェルジュ」と致しまして、わかりやすくご説明させて頂くのが、私の使命だと考えております。

インプラントのことなら
渋谷区初台のインプラントコンシェルジュ
http://implant-concierge.com/

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック